泣きながら一気に書きました

不条理短篇小説と妄言コラムと気儘批評の巣窟

2018-01-18から1日間の記事一覧

短篇小説「弔問の多い料理店」

行列のできる料理店など今どき珍しくもないが、その列をなす人々がもれなく同じ色の服を身に纏っているとなれば話は別だ。しかもそれが、もれなく沈鬱な面をひっさげた喪服と来れば。 私がその料理店に初めて足を運んだのは、たまたまその日の私が、知人の葬…

Copyright © 2008 泣きながら一気に書きました All Rights Reserved.