泣きながら一気に書きました

不条理短篇小説と妄言コラムと気儘批評の巣窟

2017-12-08から1日間の記事一覧

短篇小説「括弧つける男」

ある冬の朝、佐藤(初)が自宅(狭)のキッチン(雑)で朝食のトマト(赤)を切っていると、玄関の外(寒)から唐突に悲鳴(叫)が聞こえてきた(耳)のだった。 彼の家こそ狭いアパート(泣)ではあるものの、そこは閑静(黙)な住宅街(贅)。普段は二日酔…

Copyright © 2008 泣きながら一気に書きました All Rights Reserved.