泣きながら一気に書きました

不条理短篇小説と妄言コラムと気儘批評の巣窟

2017-10-18から1日間の記事一覧

短篇小説「命に別条」

ある朝、男が工事現場の脇を歩いていると頭上から大量の鉄骨が降臨、その頭部を直撃するという事故が起きた。だが幸運なことに、この日初陣を飾った一張羅のカツラこそ飛び立ったものの、男の命に別条はなかった。別条がないというのは良いことである。 クロ…

Copyright © 2008 泣きながら一気に書きました All Rights Reserved.