泣きながら一気に書きました

不条理短篇小説と妄言コラムと気儘批評の巣窟

2017-09-15から1日間の記事一覧

短篇小説「優しさはチャージのあとで」

本田優夫はすこぶる優しい男だから、ぶん殴った相手には絆創膏を多めに渡してやるのが常だ。リクエストさえあれば、そのうえで相手をひっしと抱きしめてやってもいいとすら思っているが、その場合はもう一発殴ることになる。もちろんその後に渡される絆創膏…

Copyright © 2008 泣きながら一気に書きました All Rights Reserved.