泣きながら一気に書きました

不条理短篇小説と妄言コラムと気儘批評の巣窟

2017-07-01から1日間の記事一覧

短篇小説「河童の一日 其ノ十四」

河童は梅雨が好きだと思われがちだが実は梅雨が苦手だ。科学的に説明はできないが、河童の好む湿気と梅雨の湿気は何かが決定的に違うのである。それ以前に僕ら河童という存在自体がそもそも科学的に説明できないのだから、河童に科学を求めないでほしい。今…

Copyright © 2008 泣きながら一気に書きました All Rights Reserved.