泣きながら一気に書きました

不条理短篇小説と妄言コラムと気儘批評の巣窟

2017-03-01から1日間の記事一覧

短篇小説「河童の一日 其ノ十二」

河童にだってお洒落は必要だ。でもお洒落にはリスクがつきもので。学校から帰ると、茨城から流れて来た爺ちゃんが居間で甲羅を磨いていた。人間だと乾布摩擦というのかもしれないが、フォームは同じでもやっていることの意味は全然違う。ボーリングとスカー…

Copyright © 2008 泣きながら一気に書きました All Rights Reserved.