泣きながら一気に書きました

不条理短篇小説と妄言コラムと気儘批評の巣窟

2015-04-01から1日間の記事一覧

悪戯短篇小説「あくまで死にたい小田島」

誰にも似てない田之倉が、高校時代からの友人である気持ちで負けない岡島との待ち合わせ場所であるいつもの喫茶店に到着すると、気持ちで負けない岡島の横に仏頂面の見知らぬ男が座っていた。気持ちで負けない岡島は、注文を取りに来た店員にお冷やを豪快に…

Copyright © 2008 泣きながら一気に書きました All Rights Reserved.