泣きながら一気に書きました

不条理短篇小説と妄言コラムと気儘批評の巣窟

2013-02-28から1日間の記事一覧

笑いの中に現実を、厭世観の奥に希望を〜『間抜けの構造』/ビートたけし

「間抜けの構造」というよりは、むしろ「“間”(ま)の重要性」について語った本である。身のまわりの間抜けな人々をコミカルに紹介する第一章は、読み手のハードルを下げるためのつかみとしては機能しているが、まったく本題ではない。自らが心血を注いでき…

Copyright © 2008 泣きながら一気に書きました All Rights Reserved.