泣きながら一気に書きました

不条理短篇小説と妄言コラムと気儘批評の巣窟

2012-04-02から1日間の記事一覧

悪戯短篇小説「不向き村」

花粉症の木こりが木を伐っている。その木の枝には高所恐怖症の猿がいて、猿の目線の先に広がる海には、ビート板で泳ぐ海兵隊が大量に浮かんでいる。全員が全員、ビート板なしでは泳げないのだ。海兵隊のひとりがビート板から手を滑らせ溺れかけると、これま…

Copyright © 2008 泣きながら一気に書きました All Rights Reserved.