泣きながら一気に書きました

不条理短篇小説と妄言コラムと気儘批評の巣窟

2010-08-15から1日間の記事一覧

『尼僧とキューピッドの弓』/多和田葉子

何か特殊な設定を持つ作品を書くときに、作家は取材を必要とすることがある。だが取材はしすぎるとその調べた現実から飛躍しきれなくなり、逆にイマジネーションを限定するケースも少なくない。ドイツの修道院に住む尼僧たちの人間模様を描く本作を執筆する…

Copyright © 2008 泣きながら一気に書きました All Rights Reserved.