泣きながら一気に書きました

不条理短篇小説と妄言コラムと気儘批評の巣窟

2010-01-21から1日間の記事一覧

映画評『板尾創路の脱獄王』

期待していた方向性ではないが、素晴らしい。そういう意味では、感触として北野武の第一作に近いかもしれない。ラスト3分のオチと、中盤の数少ない唐突な小ネタを除いては、笑いの要素は一切ない。つまりは、僕が事前に期待していたような、「笑いと正面から…

Copyright © 2008 泣きながら一気に書きました All Rights Reserved.