泣きながら一気に書きました

不条理短篇小説と妄言コラムと気儘批評の巣窟

2009-10-03から1日間の記事一覧

「ヌード・マン」(『愛と癒しと殺人に欠けた小説集』所収)/伊井直行

裸で街を歩きまわる男になどまったく共感などできないのに、面白いうえに感動さえできてしまうというのは、一体どういうことなのだろうか。そんなことがありえるのだろうか。おそらくは作者でさえ、この小説の主人公である細川には、基本的に共感できていな…

Copyright © 2008 泣きながら一気に書きました All Rights Reserved.