泣きながら一気に書きました

妄言コラムと気儘批評と悪戯短篇小説の巣窟

スマホゲームのハンドルネームどうつければいいのか問題

 

皆さんご存じではあると思うが、世界十大問題のひとつに「スマホゲームをプレイする際のハンドルネーム問題」というのがあって。

僕はそんなにゲーム全般に常時興味があるほうでもなくて、やるゲームといったら戦国シミュレーションかサッカーかオートバイレースかターン制RPGくらいなのだが……ってこうやって挙げると結構やっているように見えるがそうでもなく、やるときはやるがやらないときはやらない(皆そうだと思うが)。

つまりなんというか、そんなにあちこちやらないもんだから、ハンドルネームにも特にこだわりはなくて、しかしこだわりがないからこそ、どんなハンドルネームをつけていいものか毎度迷うハメになる。

いまやっているのは『戦国布武』というスマホアプリの戦国シミュレーションゲームなのだが、このゲームを始める際にも、ハンドルネームに関しては大いにそして無駄に迷った。この文章はその迷走の記録である。

そもそもこの手のゲームがおかしなことになっているのは、「プレイヤーがどの立場にいるのか」というポジション上の大問題が棚上げになっているということで。実際にフィールド上で戦うのは、織田信長豊臣秀吉徳川家康といったかつて実在した武将なわけだが、それとは別にそれら武将たちを操るプレイヤーという神的ポジションがあって、それが僕自身であるということになっている。

つまり登場する武将たちとは別に、プレイヤーは自身のハンドルネームを設定する必要がある。しかしこの事実を、果たしてどう捉えれば良いものか。

そもそも戦国武将が好きで始めたゲームなわけだから、プレイヤー名もやはり実在の戦国武将の名前にしたいという気分はある。しかしプレイヤーのハンドルネームをたとえば「織田信長」にした場合、ゲーム内の操作キャラにも「織田信長」は出てくるわけであって、そうなると僕という「織田信長」がゲーム内キャラの「織田信長」を操作しているという、ドッペルゲンガー的さらにマトリョーシカ的な珍妙な事態を招いてしまう。

まあだからといって、それに伴う不都合はあまりないのだけれど、しいて言えば織田信長の階層が複数あると、「信長」と言った場合に果たしてどの「信長」を指しているのかがちょっと紛らわしいということくらいだろうか。

だがそう考えてみると、それ以前にこの手のソーシャル系戦国シミュレーションゲームでは、頻繁に奇怪な事象が発生していることに改めて気づかされる。

それはこうやってハンドルネームにわざわざ武将名をつけなくとも、そもそもゲーム内に織田信長が無数に存在しているという奇妙な事実である。

当たり前の話だが、通常の世界観であれば、ひとつの世界線にひとりの人物が複数いるということはあり得ない。たとえばオフラインでプレイされてきたかの『信長の野望』シリーズ等でも、ひとつの日本地図上に織田信長という武将はひとりしか出てこなかった。

複数でプレイする場合でも、ひとりのプレイヤーが信長を所持していれば、他のプレイヤーは信長を保有することはできない。信長が欲しければ、他のプレイヤーが所持している信長を奪い取るしかない。当然の話である。

しかしこれがソーシャルゲームになると、状況は一変する。同じ地図上でプレイする各プレイヤーが、それぞれに織田信長を所持していたりするのである。つまり自軍にも敵軍にも両方に同じ武将がいるなんてのはザラで、このゲームにおいては戦闘時に武将6人の編成を組んで臨むのだが、時には6対6で対峙する対戦相手と武将全員が丸かぶりであったりすることすら珍しくない。

強い武将や相性のいい武将の組み合わせというのはどうしても決まってくるから、ある程度のレベルまで行くとだいたいみんな同じ編成で部隊を組んでいる場合が多く、そうなるとほぼドッペルゲンガー合戦の様相を呈してくるのである。

これはもちろん、ガチャというシステムを中心に置いている以上仕方のないことで、そこは割り切って遊ぶしかないのだが、自軍と敵軍に同じ武将がいることに、時おり違和感を覚えるというか思い出してちょっと妙な気分にはなる。

というわけで何が言いたいかというと、ここではそういうガチャ偏重のスマホゲームシステム自体を批判したいわけではなくて、いやいい加減ガチャ以外のシステムを誰か考えてよ、とは思っているがそれは道端に置いといて(カレンでもジェシカでもアンジェリカでも)、どうせ武将の名前かぶりがゲーム上で頻繁に起こっているならば、プレイヤーのハンドルネームと武将の名前がかぶっていたところで、今さらたいした問題ではないのではないか、というのが本題である(突然の本題回帰)。

というわけでゲーム開始当初、僕は自身に好きな武将である「竹中半兵衛」のハンドルネームをつけようと思った。しかしこれは案の定、すでに他の者が登録しているから駄目に決まっとるやないかボケカス、とアプリに叱られた。世の中そんなに甘くない。

仕方がないので他の武将名にしようかとも思ったが、この調子だと「黒田官兵衛」も「真田昌幸」もすでに使用されているに違いなく、およそ実在の武将名では登録できないだろうという現実的な判断を働かさざるを得ない。

その結果、斬った張ったの真剣なゲームに臨む姿勢として大変不本意ではあるが、「武将名をモジる」という新たな方向性を思いついた。そこで僕が思いついたのが、「竹中全兵衛」という革新的かつ激安なハンドルネームであった。「半兵衛」の「半」を、倍掛けにして「全」にしてしまおうというこの怖ろしいまでに苦し紛れなモジリズム。

とはいえ、「竹中全兵衛、竹中全兵衛……」と何度か口にしているうちに割とこの響きが気に入ってきて、自分の中でだいぶしっくり来たところでハンドルネーム入力欄に「竹中全兵衛」と打ち込んでみる。

するとあろうことか、即座に却下。なんとこんな半端なモジりすら、他の誰かに使われているというではないか。

誰なんだ竹中全兵衛。こうなるとむしろ、僕と同じ思考回路を持ったハンドルネーム竹中全兵衛を紹介してほしいくらいだ。ただちに彼と同盟関係を結びたい。

この時点ですっかり心が折れた僕は、仕方なく倍掛けが無理なら半減させるしかないとひらめいて「竹中四分の一兵衛」などと考えてはみたものの、そうなるともはやモジった箇所の文字数(「四分の一」の4文字)が元の名前の文字数(「竹中」+「兵衛」の4文字)と同じになってしまうという、自分の中で勝手に設けた「モジりルール違反」となってしまうため、もう武将の名前をモジるという選択肢は諦めることにしたのであった。

そして結果、特に戦国っぽくもない適当なハンドルネームをつけてしばらくプレイしているのだが、やはり名前というのはモチベーションに直結するもので、ゲーム内で武将っぽい名前をつけているプレイヤーを見かけるとちょっと羨ましくなったりもして、やっぱりそれっぽい名前に改名したいと考えてないでもない昨今。

「竹中反米」とか「竹中半炒飯」とか「竹中半透明」とか、それはそれでイジってるみたいで興醒めだなぁなどと思いつつ。


sengoku.bekko.com

www.youtube.com

Copyright © 2008 泣きながら一気に書きました All Rights Reserved.