泣きながら一気に書きました

妄言コラムと気儘批評と悪戯短篇小説の巣窟

短篇小説「魔法使いの口説きかた」

f:id:arsenal4:20181107143157j:plain:w500

 いまこの竜的はサムシングが支配する世の中において、世界各地を冒険する戦士である私が考えているのは、どうすれば魔法使いをパーティーにスカウトできるかというこの一点である。魔法使いだって遊びではないのだから、まさかきびだんごひとつで誘うわけにもいかない。

 ちょうどモンスターをただ殴りつけるだけでは倒しづらくなってきたこの中盤の段階において、魔法使いという存在は、間違いなく行き詰まった物語の打開策になるはずだという確信が私にはある。

 世の中に魔法及び魔法使いが存在するということは、それらがどこかのタイミングで必ず必要とされているということである。少なくとも、この作られた世界においては。

 この手のソフト=世界においてはよくあることだが、ストーリー中盤あたりから急に、打たれ強いモンスターが出現するようになってくる。それらの多くは、どういうわけか半裸か薄着である。

 彼らの打たれ強さの正体が、体育会系の部活をやっていたことによる「体罰慣れ」であるのか、性的嗜好としての「ドM」なのかは私の知るところではないが、もしも後者であるとしたら私はモンスターたちをエンジョイさせるために冒険をしていることになる。履歴書の職種欄に書くとしたら、いちおう「サービス業」ということになるであろうか。

 もしも私の攻撃がそのような「サービス」に成り下がっているとするならば、やはりそろそろまったく別の攻撃手段が求められているということなのだろう。単純な打撃斬撃とは異なる、たとえば魔法のような手が。

 さて、しかしそこで面倒なのは、この世界においてスカウト可能な場所が酒場、中でもいわゆる「バー」に限られているということである。いったいそんな薄暗い場所で、魔法などという奇術を操る相手をどう口説けばいいというのか。

「あの~、魔法とかお好きなんですか?」
「ええ、好きっていうか、まぁ仕事ですから……」
「凄いじゃないですか! え、じゃあじゃあ、何か魔法やってみてくださいよ~!」
「いや、今日はちょっとプライベートなんで……あ、マスター、お会計お願い」

 と、こうなるのは目に見えている。そもそも飲酒というプライベートな習慣に割り込んで仕事仲間を探すという設定自体に、今どき疑問を感じないでもない。「飲んで気を許した隙に、アルコールの勢いで商談を持ちかけて無理をも通す」というのは、いかにも前時代的な手法ではないか。正攻法とはほど遠く、とても正義の味方の常套手段とは思えない。

 しかし世界にはハードがあってソフトがあり、我々はそのソフトの中に生きている。だから私がいかに強力な戦士であろうとも、ハードどころかソフトにすら一切の変更を加えることなどできない。だから私は、四の五の言わずにこのナンパのようなシチュエーションをクリアして、なんとしても魔法使いをスカウトしなければならないのだ。

 そういえば友達の友達の僧侶が、以前魔法使いを一撃でオトしたという話を聴いたことがある。その必勝法を僧侶は、「カクテルスライドカウンターアタック」と名づけていた。バーにおけるナンパ手段として有名な、カウンターの上をロングストロークで滑らせるあれである。

 しかし彼が滑らせたのはカクテルグラスではなく、数珠であったという。やはり自らのアイデンティティを表現する物体を滑らせることが、手っとり早い自己PRになるとのことであった。

 私はその必勝法を胸に、いざ繁華街のバーへと向かった。そしてとんがり帽を目印に、カウンターにいるそれっぽい女に狙いをつけると、彼女からやや距離を取って、同じくカウンター席の逆サイドに腰かけた。私と彼女のあいだには、幸いにも誰ひとり客はいない。今が紛うかたなきアタックチャンスである。

 一杯飲んで気持ちを落ち着けたところで、私はいよいよアタックを開始することにした。私は戦士である。だから私は、戦士の象徴であるものを、カウンター上に滑らせて彼女のもとへと届けることにした。鞘から取り出したそれは、カウンター上をクルクルと勢いよく回転しながら、ピスタチオの皮むきに熱中している女の脇腹を見事にえぐった。

 黒づくめの女の脇腹から赤い鮮血が噴き出すと、そこへ奥のテーブル席で飲んでいた見知らぬ僧侶が駆けつけた。そして僧侶が得意の回復魔法で女を手当てしているあいだに、別のテーブル席から物々しい肉体を持つ屈強なパラディンが現れ、両手を広げて女の盾となった。さらには私の後ろから、なにやら猛烈な勇気だけを感じさせる勇者が勇気あふれる剣さばきで斬りつけてきて、私は絶命した。

 それからどれくらいの時が経ったのであろうか。教会で目覚めた私の所持金は、どういうわけか半減していた。もしかするとあの店は、いわゆる「ぼったくりバー」というやつだったのであろうか。

 教会を出ると、思いがけぬ太陽の眩しさに目を細めた私は、楽しそうにはしゃぐ四人組のパーティーとすれ違った。それは勇者、パラディン、僧侶、魔法使いの四人組であった。そうかパーティーというのは、このようにして組めば良いのかと私は思った。


www.youtube.com

As Above So Below

As Above So Below

Copyright © 2008 泣きながら一気に書きました All Rights Reserved.