読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

泣きながら一気に書きました

妄言コラムと気儘批評と悪戯短篇小説の巣窟

今さら『君の名は』あらすじ脳内諸説~信じるか信じないかは自分のさじ加減です~

コラム 戯れ言

f:id:arsenal4:20161208151926j:plain

大ヒット映画『君の名は』をいまだ観ていない僕の脳内で、そのあらすじに関する諸説がいくつか浮かび上がり、情報が錯綜している。

あらすじを想像する手がかりは、「入れ替わり」「タイムリープ」「ラブストーリー」の三点のみ。

ここにその諸説をまとめ、特にその正当性を検討することなくほったらかしにしてみたい。


【第一の説】
徐々に巨大化してゆくグラサンに、鈴木雅之の身体が乗っ取られていき、やがて入れ替わるという未曾有の緊急事態が発生。

妙に歌の上手いグラサンの誕生。そしてやはりクワマンのセカンドバッグは盗まれる。

マーチンとグラサンの邂逅が涙を誘う青春ラブストーリー。青春とラブに著しく欠けているとの評判。


【第二の説】
過去から来た若人あきらが未来の我修院達也に出逢って「君の名は?」と訊ねる。

過去の本人と未来の本人が遭遇するタイムリープ太眉ファンタジー。

前者と後者の決定的な違いは、「郷ひろみのモノマネをやるかどうか」。


【第三の説】
志茂田景樹アシンメトリーな髪型の、ピンクと緑が入れ替わる奇跡。

しかし周囲の誰ひとりとしてその変化に気づくことはなく、いつも通り続いてゆく日常を淡々と描いたカラフルヒューマンドラマ。

3D上映。


人って、みな最初は石ころだもの (一般書)

人って、みな最初は石ころだもの (一般書)

tmykinoue.hatenablog.com

tmykinoue.hatenablog.com

広告を非表示にする
Copyright © 2008 泣きながら一気に書きました All Rights Reserved.