読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

泣きながら一気に書きました

妄言コラムと気儘批評と悪戯短篇小説の巣窟

雨の日に傘も差さず歩きながら聴きたい憂愁の雨歌洋楽MV5選

音楽レビュー(ROCK) プレイリスト

f:id:arsenal4:20160919124914j:plain

哀しいときに明るい曲を聴くと元気が出る人と、あえて哀しい曲に寄り添ってもらうことでむしろ悲しみが癒されるという人がいる。

では雨の日には、明るい曲と哀しい曲、どちらを聴きたくなるだろうか。

これも基本的に、落ち込んだときに「自分を奮い起こす」タイプの人と、「自分自身とじっくり向きあう」タイプの人とで、ベクトルが正反対に分かれそうではある。落ち込みの度合いにもよるだろう。

個人的には明るい曲がそもそもそんなに好きではないので、特に哀しいときでなくても哀しい曲ばかり聴いている。こういう人間はあんまり参考にならないかもしれない。とりあえず、前者でないことだけは確からしい。

さてここに、タイトルに「Rain」と入った洋楽の名曲MVを5つ集めてみた。音楽の作り手の側からすると、やはり雨には哀しみの感情を乗せることが多いようだ。一部にはもちろん明るい曲も存在するが、なにしろ哀しい曲ばかり好んで聴く人間が選んでいるので、どうしても哀愁路線になる。

念のためいちおう言っておくが、傘は、差したほうがいい。濡れるから。

◆「Another Rainy Night」/QUEENSRYCHE
www.youtube.com
アルバム『EMPIRE』収録。
哀愁を炸裂させるギターのイントロから、そのままシームレスにリフへとつながっていく流麗さはまさに水の如し。
「雨」のイメージにさらに「夜」が重なり、この哀しみからは逃れようもない。


◆「Rain」/HAREM SCAREM
www.youtube.com
アルバム『BELIEVE』収録。
そのものズバリの曲名だが、こちらの雨はどこか柔らかさを孕んでいる。
どしゃぶりではなく小雨のイメージだが、哀しみと雨の量が単純に比例するかというと、そうとも限らない。むしろ豪雨の勢いで吹き飛ばしてほしい哀しみもある。
ハスキーな声質のせいもあって、温かみと包容力すら感じさせる雨。


◆「November Rain」/GUNS N' ROSES
www.youtube.com
アルバム『USE YOUR ILLUSION Ⅰ』収録。
まるで映画のような物語展開を持つMV。楽曲、映像ともに9分を越える曲だからこそ可能なドラマ性を備えている。
最大の聴きどころ&観どころは、スラッシュによる4:12~の屋外ギター・ソロと、7分過ぎからラストへと昇りつめる、ピアノ上のギター・ソロ。
これのマネをしたくて箒を持って音楽室のピアノの上にあがり、先生にしこたま怒られた生徒も少なからずいるはず。


◆「Why Does It Always Rain On Me?」/TRAVIS
www.youtube.com
アルバム『THE MAN WHO』収録。
「どうしていつも僕にだけ雨が降るの?」と歌うこの青少年期特有の甘酸っぱい被害者意識が、実のところその後も結構引きずる普遍的なものだと、大人になって改めて痛感してみたり。
終始落ち着いたトーンで漂い続けるそこはかとない哀しみ。永遠に続くような気がしたあの日の哀しみは、いったいどこまで続くのか。


◆「Raining Blood」/SLAYER
www.youtube.com
アルバム『REIGN IN BLOOD』収録。
最後に血の雨。まったり哀しんでいる場合じゃない!

広告を非表示にする
Copyright © 2008 泣きながら一気に書きました All Rights Reserved.