泣きながら一気に書きました

妄言コラムと気儘批評と悪戯短篇小説の巣窟

【おとなの自由研究】タチヒロシの捕まえかた

f:id:arsenal4:20160829214257j:plain

タチヒロシを捕まえるのは、その道のプロでも難しい。タチヒロシは「泣いている女性」を慰めに来る習性があるため、まずは「泣いている女性」を探そう。そして女性の傍で、「チャイニーズティー」を嗜みながら全方位に目を光らせること。ただし貴方が女性を慰めてしまうと、タチヒロシはたちまち踵を返してしまうので注意。

タチヒロシを効率よくおびき寄せるには、「消し忘れた煙草」も有効だ。その際バックには音楽が、つまり「回り続けるレコード」があるとなお捕獲確率は向上する。

ただし気をつけたいのは、灰皿に置いた煙草はあくまでも真っすぐにキープすること。その煙草が「折れた煙草の吸い殻」になってしまうと、タチヒロシではなく、たちまちナカジョウキヨシが集まってきてしまう。両者ともに「泣いている女性」に引き寄せられる点も共通しているため、間違えて捕獲しないよう気をつけたい。

タチヒロシの捕獲に適した時間帯は、夕暮れ時である。これはタチヒロシが「冷たい太陽」という矛盾した星の状態を好むためであると言われている。

また、タチヒロシが頻繁に目撃される場所のひとつに「自動車教習所」がある。理由は定かではないが、タチヒロシは「自動車運転免許証」に対し非常に強い興味を示す。

つまり、《夕暮れ時の自動車教習所に泣いている女性がおり、その傍らには消し忘れた煙草とチャイニーズティ-。そしてバックには回り続けるレコードから流れる音楽のかかっている状況で、これ見よがしに運転免許証をチラつかせる》というのが、入手困難なダンディー生物・タチヒロシを捕獲する最善の方法である。

広告を非表示にする
Copyright © 2008 泣きながら一気に書きました All Rights Reserved.