読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

泣きながら一気に書きました

妄言コラムと気儘批評と悪戯短篇小説の巣窟

ショーンK氏に学ぶ「なにひとつ問題のない経歴詐称のやり方」

コラム

巷間はショーン・マクアードル川上(ショーンK)氏の経歴詐称問題で持ちきりのご様子。

ならばその経歴詐称ブームに乗って、むしろ許されるギリギリライン(ギリセーフ)に詐称(カスタマイズ)された経歴を考えてみることにした。ちなみに経歴に書かれている人物は、私でもなければ誰でもないはずだが、もしジャストで当てはまっている方がいたら、使ってもらっても構わない。

フランス革命からちょうど186年後の1975年、親戚の友人のパリ旅行中に鳥取県で産声を上げる。小中学生時代は慶應付属へ通う友人らに囲まれたのち、開成高校を目指して受験勉強に励み、灘高校をも視野に入れつつ、通信教育でペン習字を3年間学ぶ。そののち卓越したペン捌きを武器に、ハーバード大学入学を目指し単身渡米。ハーバード大学敷地内に設置された食堂にて、4年間に渡り配膳係を務める。ハーバード大学敷地内食堂配膳係を主席で卒業後、MBA取得を目指してNBA観戦に熱中。マッキンゼー・アンド・カンパニー本社、マイクロソフト本社、アップル本社、グーグル本社の近隣アパートにそれぞれ数年間在住し、現在はフリーランスとして活動。ソフトバンク本社近くの公園に寝泊まりしている。》

広告を非表示にする
Copyright © 2008 泣きながら一気に書きました All Rights Reserved.