泣きながら一気に書きました

妄言コラムと気儘批評と悪戯短篇小説の巣窟

悪戯短篇小説「非売品未体験レポーター吹子」

いえいえほんと、飲むだけで痩せるなんて、これっぽっちも思ってなかったんです。

だって普通思いませんよね、1日にたった30キロ走って、サウナで2時間まんじりともせず、この水(編集部註:『フレッシュスリムポイズンウォーター』)をくぴっと3リットル弱飲むだけで、体重計に載ったら500グラムも減ってるんですよ! これって奇跡ですよ奇跡! そのうち骨と皮だけになったらどうしようかな。 

正直、体重計が壊れたんじゃないかと思って、何度も叩いたり、裏返してみたりしましたよ、ええ。そしたら本当に壊れちゃったんで、すぐに新しいの買ってきてまた測ったら、やっぱり500グラム減ってたんです! 新品なのにこれも壊れてるのかなぁともちょっぴり思いましたけど、疑ってばかりいても何も生まれないから、今回ばかりは重子(編集部註:しげこ。彼女が新しく買った体重計につけた名前)のこと信じてみようかなって。そんなポジティブな気持ちになれたのも、この水のおかげかもしれないですね。

とはいっても、まさか体重が500グラムも減るなんて、やっぱり信じられないじゃないですか。だってスーパーに行って豚肉のコーナーへ行ったら、だいたい売ってるのは200〜300グラムのパックばかりですよ。それなのに500グラムって。大家族でもないのに! 大家族でもないのに! あ、今の大事なとこなんで、2回言ってみました。もしあれだったら、先に言ったほうのやつカットしておいてもらってもいいですか? ええ、2回目のほうがだいぶ上手く言えたんで。ありがとうございます。

とか言って、私みたいな素人がどんなに勧めても、みんななかなか信じてくれないんですよね。飲むだけで500グラムも痩せるなんて、やっぱりミラクルとしか言いようがないし、私もずっと前から友人に勧められてたんですけど、なかなか飲もうとは思わなかったから。ちなみに私、ノストラダムスはすっかり信じてたんですけどね。あの時期はどうせ人類滅亡するからって、あり金全部使っちゃって、食べたいもの全部食べまくって、大変なことになりましたよ。そう考えてみると、私を太らせたのって、ノッスン(編集部註:ノストラダムス)かもしれないですねハハハ。

そうそう、この水の話でしたね。そんな疑い深い私なんですけど、いざこの水を半信半疑で飲んでみたら、言うほどマズくないし、言うほど臭くもないし、言うほど吐きそうにもならないしで、言うほど瀕死にならずに飲めたんですよ。これはもうほんと、「言うほどでもないな」って感じで。

今はただもう、この水に感謝感謝の毎日で。おかげで体重は120キロから119.5キロに激減したままきっちりキープできてて、リバウンドも一切ないし、大きく息を吸えば改札も通れるようになったし、気づけばアメフト選手並みの走力もついてたんですよ。肩パッドと牢屋みたいなメットと細長いボールも買いました。

そんな『フレッシュスリムポイズンウォーター』、私が自信を持ってお勧めします! 言うほど酷くないですよ。

広告を非表示にする
Copyright © 2008 泣きながら一気に書きました All Rights Reserved.