泣きながら一気に書きました

妄言コラムと気儘批評と悪戯短篇小説の巣窟

『人間小唄』/町田康

近年の町田康作品における突き抜けた傑作。バランスの取れたエンターテインメント性よりも、初期作品に通じる文学的な過剰性が随所で優先されているように見える。

せっせと拵えた設定を自らの手により積極的破綻に追い込む狂気のテンション。

広告を非表示にする
Copyright © 2008 泣きながら一気に書きました All Rights Reserved.