読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

泣きながら一気に書きました

妄言コラムと気儘批評と悪戯短篇小説の巣窟

『靴の話/眼 小島信夫家族小説集』/小島信夫

書評(小説)

小島信夫らしい因果律の狂いは一貫しているが、作風は案外バラエティに富んでいる。前半の数作はカフカ的あるいは安部公房的不条理文学。後半はやや私小説的な作品が並ぶ。

抱擁家族」はもちろん名作だが、それ以上にその原型である短篇「馬」のほうが個人的に好みなので、やはり冒頭の「声」「ある掃除夫の観察」あたりの寓話的設定により強く惹かれる。

広告を非表示にする
Copyright © 2008 泣きながら一気に書きました All Rights Reserved.