読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

泣きながら一気に書きました

妄言コラムと気儘批評と悪戯短篇小説の巣窟

『R-1ぐらんぷり2010 サバイバルステージ』

どうも決勝に残っている面子が微妙だなと感じていた今年の『R-1』。名前を見るかぎり敗者復活戦の方が楽しめる、と思いきや、そうでもなかったのだった。

以下、まずはそれぞれについての感想を登場順に。

ユリオカ超特Q
ハゲネタ一本に絞ってきたのは潔いが、その幅の狭さが密度に繋がらず、むしろ単調さに直結。自分いじりだけだとさすがに後半飽きる。安定感はあるけど、ルックスを越えるネタはなかった。エレキコミックなど後輩芸人にキツめにイジられているときのほうが面白い。

【今泉】
印象に残ったのはやや泣きの入った声質。あるあるネタの羅列にすぎないので、ひとつひとつのネタのクオリティと、後半どこまで応用できるかの勝負になるが、どちらもいまひとつ。最後は酔ったふりついでにもっと滅茶苦茶に壊れてしまってほしい。

【ナオユキ】
のらりくらりとした口調の漫談。しかしやはり短時間勝負だと、話の密度の薄さばかりが目立つ。内容にももっと毒が欲しい。

【ゆってぃ】
もはや「ワカチコ」に新鮮味がなくなっていることを自覚してか、かなり意識的に崩してきている。決めフレーズ以外の繋ぎのアドリブで笑いを取っていたのは、カッチリやりきる人が多い中ではちょっと新鮮だった。しかしあるあるネタのレベルは普通。自虐ネタオンリーなので、やはり後半飽きる。

中山功太
普通のあるあるネタ。ここまで来ると、順序よくあるあるネタを繰り出すパターンというだけで一歩引く。本当に普通のあるあるなので、去年のように「間」をうまく使えないと苦しい。

COWCOW山田與志
得意の日めくり形式。いつもよりはちょっとベタな駄洒落が多かったが、相変わらずクオリティは高い。途中、スピードを上げすぎて観客をぶっちぎる時間帯があって、それはある種の賭けだったのだと思うが、結果的には良いほうに出た。観客のペースに合わせて丁寧にネタをやるタイプが多い中で、これは結構異質。客の顔色を伺うだけでなく、こういう強引さは常にどこかにはほしい。

田上よしえ
山田邦子の時代から進化していない印象。声が良く出ていました。意外と点が高くて驚いた。

友近
本当にいくらでも設定を持っている人だなと。しかし逆に言えば設定がピンポイントすぎて、その状況の面白さを伝えるのに序盤時間がかかるのが難点。繰り返しにより後半尻上がりに面白くなっていくが、ピークを迎える前に時間切れといった感じ。毎年のことながら今年も不完全燃焼気味。

アナログタロウ
曲紹介方式に若干の新鮮味はあるが、こういう形式ありきのあるあるネタは、ラストにその形式を自らの手で壊すところまで行かないと尻すぼみになる、というパターンの典型。個々のネタのクオリティは安定していたほうだと思うが、キャラが弱い。浜村淳にキャラ負けする。

【もう中学生】
自作セットの無駄遣い感が凄い。まったく使い切れず終わった。彼は他の人たちとは真逆で、展開がプログレッシヴ過ぎて誰もついてこられない。尺が全然足りてない。


全体を通して、もうすでにそれを流行らせた『エンタの神様』本体がそのスタイルを捨てかけている「ひとつ設定を乗せたあるあるネタ」が多すぎた。「設定はずしちゃえばどれも同じでしょ」という感覚は、すでに観客の間ですっかり共有されてしまっている段階に来ているので、ある程度ネタのクオリティが高くても勝つのは難しいかもしれない。

COWCOW山田の優勝は至極順当。決勝の面子が微妙なので、優勝も狙えるはず。


R-1ぐらんぷり2010 サバイバルステージ 結果》

1位 COWCOW山田與志 1110点(決勝進出)
2位 友近 730点
3位 田上よしえ 480点
4位 アナログタロウ 370点
5位 ユリオカ超特Q 360点
6位 ゆってぃ 250点
7位 もう中学生 190点
8位 中山功太 180点
9位 今泉 170点
10位 ナオユキ 130点

広告を非表示にする
Copyright © 2008 泣きながら一気に書きました All Rights Reserved.