泣きながら一気に書きました

妄言コラムと気儘批評と悪戯短篇小説の巣窟

『AURA』/FAIR WARNING 第一感想(序章)

フェア・ウォーニングの新作が、ぬるいバラードだらけで厳しい!

聴き込めば良くなる類のものなのかどうか…。頭2曲は期待どおりのハード・ロック曲なので、試聴文化の昨今ではそれなりに売れるとは思うが、それ以降にこうもほのぼのソングが続くとは…。

復帰作となった前作がいまいちだっただけに、今度こそはと期待していたのだが…。これはハード・ロックヘヴィ・メタル界全体にとっても大誤算かもしれない。

もう少し聴き込んでから、改めてレビュー書きます。

広告を非表示にする
Copyright © 2008 泣きながら一気に書きました All Rights Reserved.