読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

泣きながら一気に書きました

妄言コラムと気儘批評と悪戯短篇小説の巣窟

2008年ナイスミュージックベスト10

【ナイスアルバム部門
1位:『THE SOUND OF MADNESS』/SHINEDOWN 
Shinedown - The Sound of Madness (Bonus Track Version)

文句なし! 完全無欠、ジャンル不問の名盤。メロディ、グルーヴ、スピードのいずれでも勝負できる楽曲が揃う。弱点が見当たらず逆に不安。

2位:『SUPERHUMAN』/CINDER ROAD 
Cinder Road - スーパーヒューマン

グランジの血を引く現アメリカン・ヘヴィ・ロック勢の中では珍しく80年代的哀愁メロディ全開。そのぶん音は若干軽いが、歌メロの質はめっぽう高い。

3位:『OVERCOME』/ALL THAT REMAINS 
All That Remains - Overcome

メタル+コアの融合度を高め、メタルコア特有のギクシャク感を払拭した一作。

4位:『ULTRA BEATDOWN』/DRAGONFORCE 

アルバム中盤で確実に飽きるが、様式美の高速化はいよいよ極みへ。だが核心を守りながらパターンを広げるのはここが限界か? 今後の行き詰まりが心配。

5位:『THE SCRIPT』/THE SCRIPT 
The Script - The Script

何もかもお洒落すぎるが歌メロの良さが普遍的。HIP HOPの取り入れ方があまりにスマートで新鮮。

6位:『CHINESE DEMOCRACY』/GUNS N' ROSES 
ガンズ・アンド・ローゼズ - Chinese Democracy

待たせなければ傑作。待たせたから佳作。ギターが意外と活躍しているのが嬉しい誤算だが、それが古く見られる要因か? 本国アメリカでは苦戦中。

7位:『DIAMONDS IN THE ROUGH』/AVENGED SEVENFOLD 

B面集にあるまじきクオリティ。3rdと4thのどちらに入っていてもおかしくない佳曲が並ぶ。MAIDENのカバーは原曲の良さを引き出す見事な仕上がり。

8位:『ODE TO J.SMITH』/TRAVIS 
Travis - Ode to J. Smith

美メロは名盤2ndに次ぐ出来。歌詞も素晴らしい。美点を損なわぬまま小さな冒険を試みているのも好印象。

9位:『THE SKULL COLLECTORS』/HIBRIA 

正統派メタル最後の砦か? パターンは少ないが2作目にしてこの迷いのなさは異常。RIOTやVICIOUS RUMORSらアメリカ産HMを凝縮した趣。陳腐な歌詞が玉に瑕。

10位:『AWAKENING 2008』/OUTRAGE 

日本HM史上の名盤『MY FINAL DAY』完全再現ライヴのDISC1は怒濤の出来。『LIFE UNTIL DEAF』再現のDISC2は原曲が良くないから仕方ない。

【ナイスソング部門
1位:“10 Miles Wide”/ESCAPE THE FATE
2位:“The Crow & The Butterfly”/SHINEDOWN
3位:“Waste Of Time”/PAUL GILBERT&FREDDIE NELSON
4位:“Dead Memories”/SLIPKNOT
5位:“Flash Of The Blade”(Cover)/AVENGED SEVENFOLD
6位:“This I Love”/GUNS N' ROSES
7位:“Before The Worst”/THE SCRIPT
8位:“Down From The Sky”/TRIVIUM
9位:“Rescue Me”/BUCKCHERRY
10位:“Move Your Body”/BLESSED BY A BROKEN HEART

広告を非表示にする
Copyright © 2008 泣きながら一気に書きました All Rights Reserved.