読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

泣きながら一気に書きました

妄言コラムと気儘批評と悪戯短篇小説の巣窟

音楽レビュー(その他)

『君は人のために死ねるか』/杉良太郎

杉さまの流し目をナメてはいけない。それは単におひねり片手の女性ファンを虜にするだけの小道具などでは断じてない。それは相手を傷つける武器ではなく、鋭くはあるが常に圧倒的やさしさを内包する。「君は人のために死ねるか」とは、あまりにまっすぐで鋭…

あの嘘だらけの素晴らしいレディオが終わる

と適当にタイトルをつけてみて驚くのは、「レディオ」と聴くと即座に「壊れかけ」という言葉がごく自然に貼りついてくること。あの曲の中で、レディオは永遠に壊れかけのままだ。なんて格好つけて言いたいわけではない。 そもそも曲の冒頭でいきなり、 「何…

Copyright © 2008 泣きながら一気に書きました All Rights Reserved.