読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

泣きながら一気に書きました

妄言コラムと気儘批評と悪戯短篇小説の巣窟

「湯切りのわたし」

カップ焼きそばには湯を多めに入れてもいいんだぜ カップ拉麺と違ってたっぷりめに入れてもいいんだぜ味薄くならないから 湯は捨てられる運命にあるからYou Must Die! 湯増すとDie!でもこぼれない範囲ならいいんだぜ もうこぼれたらこぼれたでいいんだぜ面倒…

「タレン人」

高木ブーみたいなオバハンが原付乗ってる ちゃっかりヘルメットかぶっちゃってさ ぷっくりパーマはみ出ちゃってさ スチールウールが酸化中なんだか足は開いてる 微妙に宙に浮いている 肩幅よりはやや広め 肩だか腕だかわからない ご期待どおりの肩ロース地に…

「I'm A Loser」

負けた サロンパスに負けた 完敗そして惨敗 コリは緩和 肌は真っ赤 赤みが引くころにはまた凝ってるふりだしへ戻れ! ふりだしへ戻れ!そもそもサロンパスって何だ? どういう名前だ? サロンへのパスってわけか? 紳士淑女が集まるサロンへの入場券 仮面舞…

Copyright © 2008 泣きながら一気に書きました All Rights Reserved.