泣きながら一気に書きました

妄言コラムと気儘批評と悪戯短篇小説の巣窟

歌詞

ありもしない思い出ソング「無いのメモリー」

そうさいつだって君は 雨のなか傘も差さず歩いていたね 亀の背中に爪楊枝差して飼っていたね道端に佇む地蔵の笠を 奪っては投げちぎっては投げ 鳩の糞まみれの銅像の首を 空手チョップで刎ねた夜 勝手知ったる賽銭箱の中 膝を抱えてただ泣いていたっけおうよ…

火に少しと書くが強火で

いつからだろう心から 気持ちが剥がれてしまったのは 炒めすぎたよ何年も 擦りすぎたよ何べんもOnly Lonely 気づいてみれば Heavily Oily キミはいないなぜだテフロン I Miss You 待てよテフロン I Need You 剥がれたキミは 今いずこ? まさか僕が この僕が …

“胃もたれ無間道”

朝からカレーで無茶をして 胃薬飲んだら効きすぎて すっかりおなかがすいてきて 天丼食ったらまたもたれりんごを食べたら消化して トイレに行ったらチャラヘッチャラ 全指にハメたうまい棒 十本ノックで胃がエラー本日二度目の胃薬は 苦さ倍増 敗北の味 右側…

“ナイスミドラー”

星空見上げたつもりが チョビ髭降りそそぐ異常気象 ご自慢のステッキで場外ホームラン 髭空の下のディスタンス胸板鳴らしてご婦人に道を尋ねれば 答え聞くまでもなくステップ&ターン タップシューズの音で猛犬を威嚇 靴底に潜むレジスタンスマジシャンじゃ…

“暮らしの手帖”

ねずみ花火に誘われて おびき出されたタレント住職 木魚のリズムに腹が減り メインディッシュは賽銭丼貧乏ゆすりに煽られて 目覚めた阿呆の超能力 一円玉を無限に増やし 無駄に散らかる逮捕劇バナナの皮で転んでは 受け身上達柔の道 猿でも金と言い張って メ…

“暴飲暴食の限り”

とりあえずビールに食パンを浸し 麦茶と麦チョコも並べて麦づくし 大根おろしでかいわれを喰らい ちくわの穴にかまぼこをねじ込む たこ焼きをお好み焼きで挟み込み チーズをチーズでフォンデュする 好きなものと好きなもの みんなはかぶってるとか言うけど …

“アバウト・ソング”

確かにあいつは言った あれをもっとこうしたほうがいいって だけど俺は言ってやったんだ あれはあれとしてあのままにしておいて それはそれで別物としてやったほうがいいってそのとき並木道にはすごくいい感じの花が咲いていて どこからともなく可愛らしい動…

“あべこべHEAVEN”

ティッシュ配りのお兄さんに トイレットペーパーを差し出したことはあるかい?「喜んで」連呼の店員に シャンパンファイトを挑んだことはあるかい?アンダースローのピッチャーに ソフトボール投げで返すキャッチャーはいるかい?やられたらやり返せ! ささ…

“お覚悟ONE & ONLY”

ちょんまげ飛ばした夜にゃ 頭蓋の溝がひどく痛む できるだけ飛ばしたくはないのだが 飛ばさなきゃ救えない命があるあんかけ浴びせたとなりゃ テレビ前の奥様から苦情殺到 そうなれば番組終了の危機だが 浴びせなきゃ作れない髪型がある竹馬乗り回した後にゃ …

“気まぐれ様SUMMER”

夏が来ちゃったらどうする? 夏が来て、しかもとびっきり暑かったらどうする? 夏が来て暑くて、万がいち蝉がうるさかったらどうする?夏から「15分遅れる」と携帯にメールが 「近くの喫茶店に先入ってて」と思いやりの文言が 15分後には「もうすぐ着きます…

“万物収集神”

投げ捨てられた大量のつけ髭を掻きわけて泳げ! 打ち捨てられた山盛りの髷を掻きあつめてはしゃげ! 必要なのは平泳ぎをバタフライと言い張る勇気 つけ髭と髷の合体魔神だけが君の宝 溺れたフリして同情を買う症状 汚れたフリして純情を売る日常 Abandoned! …

“無気力無関心侍”

俺は悪くない お前も悪くない じゃあ誰が悪いんだ? 誰も悪くない じゃあなんで世の中悪いんだ 悪くないけど良くもない Not bad = Not good 手放しで喜ぶのはジェットコースターの乗客だけ俺はつまんなくない お前もつまんなくない じゃあ誰がつまんないんだ…

Copyright © 2008 泣きながら一気に書きました All Rights Reserved.