読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

泣きながら一気に書きました

妄言コラムと気儘批評と悪戯短篇小説の巣窟

検証

ポテトチップスが品薄になると、世界はどうなってしまうの?

大変なことになった。ニュースによると、あの国民的食品が危機的状況にあるらしい。大変なことになった。大切なことなので二度言った。headlines.yahoo.co.jpどうやら原因は、昨年北海道を襲った台風の被害によるじゃがいも不足らしい。「なんだ、たかがポテ…

トランプ米大統領爆誕により、世界はどうなってしまうのか~「風桶」方式で検証する~

いよいよ「暴言王」ことトランプ米大統領が誕生した。それにより、このさき世の中がどうなってしまうのか、世界中が不安に駆られている。しかしこと政治経済に関しては、どのような原因からどのような結果が生まれるのか、因果関係を予測することが難しい。…

「WBC」とは何か?

さて、「WBC」とは何の略なのか。わかっているのにわかってないふりをして議題を進めたいと思う。正確にいえば、知っているだけで根本的に「わかっている」わけではない。とくに「Classic」のあたり。適当に辞書を引くと「伝統的行事。由緒ある試合」という…

赤井英和は、なぜあんなに大きくなったのか?

「アリという小さきものの象徴を社名に掲げながら、逆にとんでもなく大きな存在(と業績)になっている」といういわば逆説をさりげなく伝えたがっているように見える例の引越社のCM。しかし「逆に」がうまいことハマッている場合それは最も疑うべき事態であ…

俳句、からの排句、そして灰句

一般に、なんとなくナイスフィーリングだがわかりにくいと思われがちな俳句。そんな俳句をわかりやすくする方法を、アイスの棒を粘りづよく小一時間ねぶる中で偶然発見したので、ここにいちいちご報告したい。ちなみに僕は、俳句にはゼロ家言持つ者であるこ…

七分袖のシャツに八分丈のパンツを合わせるとどうなるの?

世の中には相性の良し悪しというのがあって、初歩は食べあわせから果ては化学反応に至るまで、ちょっとした組み合わせで大変なことになる場合がある。そこからは事故も発明も、どちらも飛び出す可能性がある。ということと同時に、僕はどうも七分やら八分や…

「悪い人はいない」シリーズ

「犬を好きな人に悪い人はいない」とかよく言いますが、そうとも限らないのが世の常。ドッグフードを万引きする人もきっといるはずだし、「犬の糞は持ち帰れ」的な看板もあちこちに。しかし一方で、「人間の良心」を心から信じてみたい、信じたいという気持…

タートルネックばかり来ていると、人はどうなってしまうのか?

やたらとタートルネックばかり来ている。9月からもう着ていたような気がする。寒ガリガリクソンなので仕方ない。寝るときも着ている。どうやらこれは結構珍しいらしく、そういえばタートルネックのパジャマというのを見たことがない。だが「寝首を掻く」とい…

雨が降ると、なぜ頭が痛くなるのか?

雨が降ると、どうやら頭が痛くなる。いつからかそういうことが多くなり、また人からもそういう話をよく聞くのだが。一般的には、気圧がどうこうとか言っている。気圧が低いからどうとか。しかし気圧という概念が不親切なうえ、そう言われれば何でも気圧のせ…

Copyright © 2008 泣きながら一気に書きました All Rights Reserved.