泣きながら一気に書きました

妄言コラムと気儘批評と悪戯短篇小説の巣窟

2013-04-17から1日間の記事一覧

『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』/村上春樹

毎度のことながら、発売前から毀誉褒貶激しい村上春樹の最新作。しかしそれが純粋に作品に向けられたものであるかどうかは、相変わらず疑わしい。何しろ発売前から賛否両論あるのだから。でもその気持ちはわかるし、かなり意図的に視界を狭めて情報を遮断し…

Copyright © 2008 泣きながら一気に書きました All Rights Reserved.