泣きながら一気に書きました

妄言コラムと気儘批評と悪戯短篇小説の巣窟

2010-01-26から1日間の記事一覧

『脱走と追跡のサンバ』/筒井康隆

とにかくすべてに必然性があって、一切の無駄がない。あるいはすべての要素が、まったく無駄に浪費されているように見える。それが筒井康隆の小説であり、エンターテインメントと純文学の融合ということである。特にこの作品は、その次元が高い。すべてに意…

Copyright © 2008 泣きながら一気に書きました All Rights Reserved.